コラム

インターンシップの違いは?就業体験は就活に役に立つ?

96 Views
シェア ツイート LINEで送る

インターンシップってなに??

長期、短期、1dayインターンのどれがオススメ?

インターンシップについてよくわからない人や、長期短期または1dayインターンのどれに参加するのがいいのか迷っているという方もぜひ最後までご覧ください。

インターンシップとは、簡潔に言うと就業体験のことです。

興味のある職場で実際に働くことで業務内容や働く楽しさを知れたり、自分の進路を決める大きな

理解を深められる絶好の機会なので業界研究にも役に立ちます。

キャリアを形成するうえでインターンシップの経験はとてもいいものだと思います。

なりたい自分に近づく為にインターンシップの参加を決める人もいます。

長期インターンだと報酬も支給されますし積極的に参加する人は多いのではないでしょうか。

今回はこのインターンシップに長期で参加することのメリットなどについてまとめてみました。

インターンシップの長期・短期・1dayの違いは?

インターンシップは短期インターンと長期インターンがあります。

期間で見ると『1dayインターン』『短期インターン』『長期インターン』の3種類ですね。

当然ですが、この3つそれぞれに特徴があり目的も異なります。

まずは1dayインターンについて見てみましょう。

1dayインターン

1dayインターンの目的とは?

1日限りのインターンではありますが、意味がないわけではありません。

インターンとは主に企業・業界・業種への理解を深めるために参加するという目的の学生が多いと思います。

ただし、一日だけの体験になるので実際の仕事に携わることが出来るというよりはグループワークや説明会のような内容だと考えておいた方がいいですね。

1dayインターンは1日だけの体験ですのでそこまで仕事内容に対する理解を深められるわけではありません。

仕事内容への理解は得られにくい点はありますが、業種や職種の理解は得られます。

そういった経験は就活の軸となる自己分析で役に立ちますので参加する就活生も多いですね。

自分に合っているか?
自分に適した業界や職種を探す時に非常に便利です!

何をしたいか分からない方は興味がある業界の1dayインターンに気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

企業によっては説明会が始まる3月以降でも募集を出す場合があります。

冬から春は特に1dayインターンを募集する企業は増えますね。

・仕事内容への理解を得られにくい

・ほとんどの場合が無給

・業界研究に役に立つ

仕事に対する理解を得ることは1日しかないので難しいですね。

しかし、自己分析や業界研究では1dayインターンの経験でもあなたの力になってくれると思います。

報酬が欲しいという方は長期インターンに参加するといいですね。

企業側は社員の拘束時間も短くなりますし、1dayだと準備も比較的簡易なのでコストも少なく抑えて開催出来ますね。

短期インターン

1dayインターンと違って、短期でのインターンは一般的に長くて2週間ほど。

長期休暇を利用して参加することが出来ますね。

夏休みはサマーインターン、冬休みはウィンターインターン。

休暇中に参加出来るのでいいですね。

特に夏休みを利用したサマーインターンは初めてインターンになるので募集も増加傾向にあります。

・比較的に参加しやすい

・スケジュール調整がしやすい

・インターンと学業の両立が可能

・拘束時間も短い

短期インターンは夏休みや冬休みを利用できるので、スケジュール管理はとてもしやすいですね。

1dayインターンと同じく職場に慣れる前にインターンが終わってしまうことと、仕事に対する理解を深めるには時間が足りないと思います。

ただし、短期インターンは複数参加することも出来るので自分の適性を判断しやすくなり自己分析する時に役に立ちますね。

長期インターン

長期インターンは3ヶ月以上からの長期的なインターンのことですね。

数年と長期にわたり参加する学生もいるそうです。

長期的なインターンはもちろん体験できる業務量は短期、1dayと比べても多くなります。

即戦力として働けるレベルまでのスキルを身に付けることは出来ますが、長期インターンとなると大学を休まなければいけないことも…

そうなると休学してまで長期インターンに参加する理由はあるのか?ということに注目しなければいけなくなります。

自分の中で納得できる理由があるなら休学して長期インターンに参加するのもありですね。

社会人になってから経験する事を大学生で経験出来るので普通の就活生と差別化することは可能です。

・休学する必要がある

・拘束時間が長い

・即戦力になり得るスキルが身につく

・一般の就活生と差別化できる

また短期インターンや1dayインターンに比べると募集数も少なく、募集人数も1名のみという場合が多いので採用される確率も低くなってしまいますね。

インターンに参加する時は、応募書類を用意したり企業とのメールのやりとりをすることもあります。

応募期間や締め切りなども忘れずに確認するようにしましょう。

 

シェア ツイート LINEで送る

0円就活を利用する

0円就活公式LINEアカウントで最新情報GET!!!

公式LINEアカウント限定の情報をお届けします!『面接交通費0円』『就活ヘアカット0円』『スーツレンタル0円』等々、お友達追加して詳細を確認しましょう。