コラム

就活に向いている前髪の留め方と最適なヘアピンやヘアゴムの選び方

291 Views
シェア ツイート LINEで送る

就活中でも違和感を感じさせない前髪の留め方、ヘアピンやヘアゴムの選び方についてお話していきたいと思います!

前髪を留めるのに欠かせないヘアピン。

どんなヘアピンを選べばさわやかな印象や清潔感を演出することが出来るのか見ていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!!

ヘアピンの見た目・シンプルさの必要性

ロング、ショートと髪の長さに関わらず就活にフィットした前髪を作ろうと思ったらヘアピンは必ず使うことになります。

前髪をきっちりと留めることで就活にふさわしい髪型をキープすることが出来ます!

・ヘアピンを活用して印象良くしよう!

ヘアピンを活用することで、ヘアスタイルが崩れてしまうなどのトラブルを防ぎましょう!!

面接時には何度もお辞儀をすることもありますのでその度に手でヘアスタイルを戻していては不自然さを面接官に与えてしまうので就活に合った前髪にするという事を意識してください!

前髪を7:3くらいで分けて根本から髪を留めるのが理想的ですね。

・シンプルさが重要!

派手な色・見た目のヘアピンは避けるようにしましょう!

TPOをしっかりと理解しているのかどうかも見られると思いますので、ビジネスに相応しくないものはやめておいた方がいいですね。

就活に向くヘアピンの付け方

就活での見た目は第一印象を決めるうえで最も大事な要素になると思います。

全身を見た時にバランスがおかしくないかを気を付けるようにしましょう。

アパレル系やファッションなどの業界でなければ、清潔感をしっかりと演出できるシンプルなアイテムでバランスよく整えるのがいいですね。

就活に相応しいヘアピンのつけ方は、目が髪の毛で隠れてしまうのを防ぐ留め方です!

目が隠れてしまったまま、面接に臨んでしまうと面接官に良い印象を与えることは出来ません。

前髪で顔が見え辛い場合はヘアピンを使って髪をサイドにわけるか前髪を上げておでこは必ず見せるようにしましょう!

顔周りがスッキリ見える身だしなみを意識しておくのがベストです!

とてもベターな身だしなみの整え方ですが面接官からの印象も良くなりますよ!!

・前髪で目が隠れたり、顔全体がはっきりと見えないような見た目はNG

・前髪は7:3くらいでサイドに分ける

業界によって与える印象はどうしても変わってきますが、ヘアピンたった一つで悪い印象を与えてしまうのはすごくもったいないのでTPOをしっかりと理解して就活に相応しい身だしなみを意識しながら就職活動に取り組んでいきましょう。

ヘアピンで髪を留めるうえで気を付けるべきポイント

就活に相応しい、相応しくないヘアピンの留め方、ヘアピンの選び方についてお話してきましたが面接官に持たれる印象についても見ていきたいと思います。

ヘアピンの留め方によって与える印象で注意したいのが幼く見えてしまう点です。

おでこの真ん中辺りで前髪を真っすぐヘアピンで止めてしまうと女子高生のような印象を与えてしまう可能性も…

なので、就活にフィットした社会人らしいヘアピンの留め方を覚えておくようにしましょう。

基本はヘアピンは面接官から見えない位置で留めるのがいいですね。

前髪はサイドに流して一番端でヘアピンを留めるとピンも見えにくいですし、だらしなく見えないのでオススメです!

幼い印象を与えないように、きっちりとヘアピンを留めるようにしましょう!!

幼く見えないように意識する

サイドに前髪を流してヘアピンが見えにくい一番端で前髪を留める

上述した内容を意識しておけば面接も安心して臨めると思いますね。

ヘアピンが見えてしまっているから評価が下がるという事はありませんが、大切なのは清潔感を出すことなので基本的な身だしなみのマナーは守っておきましょう。

ヘアゴムも注意して選ぼう!

ヘアピンについて色々と見てきましたが、ヘアピンをいくらしっかりと留めていても髪がボサボサだったりすると意味がありません。

清潔感を演出するためにも、髪の毛はしっかりとヘアゴムでまとめておきましょう!!

ヘアゴムの選び方なんですが、緩くてすぐに解けてしまいそうなものはやめておいた方がいいですね。

髪の毛にゴムの跡がついてしまうのが嫌という方もいらっしゃるかもしれませんが、丈夫なものを選びほどけにくい結び方でまとまりのあるヘアスタイルを目指しましょう!

しっかりと髪をまとめておけば、面接時にお辞儀をした時にほどけてしまうトラブルなども回避出来ますね。

何度も顔周りを手を使ってうるさくしていると落ち着きがない人だと面接官に思われてしまう可能性もあります。

髪の毛を手で払いのけたりするのはなるべくしないように顔周りはスッキリさせておきましょう!

ヘアゴムの代わりにシュシュを選んで使うのはやめておいた方がいいですね。

それがたとえ華美でないものだったとしても、面接でシュシュをつけることによって評価されたりプラスに作用する事はありません。

ヘアピンと同様に目立たない色のヘアゴムを着用するようにしましょう。

ヘアゴムはほどけにくい結び方で髪をまとめる

シュシュは使わない

就活での身だしなみは個性を出し辛いと思いますが、無難にしておけば面接官から悪い印象を持たれることはないと思います。

就職活動で用いるリクルートスーツやカバンに靴といったものだけにこだわるのではなく、ヘアスタイルなどのポイントもきちんとおさえておきましょう。

シェア ツイート LINEで送る

0円就活を利用する

0円就活公式LINEアカウントで最新情報GET!!!

公式LINEアカウント限定の情報をお届けします!『面接交通費0円』『就活ヘアカット0円』『スーツレンタル0円』等々、お友達追加して詳細を確認しましょう。