コラム

就活生って内定後は自由?よくあるトラブルについてまとめてみました!

135 Views
シェア ツイート LINEで送る

内定をもらってようやく落ち着けると安心していてはいけません。

実は内定後もやるべきことはあるんですね。

ようやく内定をもらって一休み出来ると油断していると大変な目に遭うかも…

内定をもらってからやるべき事をやらないままだと最悪の場合、担当者から注意されることもあります。

今回は内定から入社までに気をつけたいことや確認すべきことをまとめてみました。

内定をもらって喜び一安心する気持ちはとてもよくわかります。

一瞬の気の緩みで内定後にトラブルを起こさないように注意すべき点を把握しておきましょう。

内定後のトラブルって?

・内定通知に返事をしていない

内定の通知は基本的に最終面接後に企業から連絡がきます。

そして内定通知には返事をしなければいけません。

なので内定の通知が届いたからといって喜んで承諾書をそのままにしておくというのは危険な行為です。

内定通知書は届いたら早めに返事しておくのがベストですね。

内定を保留する場合

他に就職を希望する企業があったりどこか不安を感じている部分があるなら内定を保留したい理由などを伝えて待ってもらうことも可能です。

ただし企業によって対応が違うので内定保留によるリスクがないわけではありません。

企業によっては印象が悪くなってしまったりすることもあるので内定を取り消されてしまう可能性も絶対にないとはいえません。

ただ保留にすることによって即座に内定取り消しになることはほとんどないので迷っているのなら焦って決めてしまわないようにしましょう。

保留する場合は早めに相談のお願いをメールで伝え都合のいい時間を伺い電話を出来るようにするのが一番いい方法です。

気まずいという気持ちも分かりますが自分の言いたいことだけを話して早く話を終わらせたい感じを出すのはいけません。

電話で内定の保留をしっかりと相手に伝えましょう。

どちらにしても、まず内定をいただいたことのお礼を先に述べるのが印象も良くていいと思います。

その後で保留したいということを切り出すのがいいですね。

内定保留を伝える時に期限を提示しておくと中途半端な印象を拭うことが出来て真剣さも伝わります。

失礼のないようにするのが一番いいのでマナーや礼儀はしっかりと守りましょう。

・勤務条件や待遇などの確認を怠る

内定後のトラブルを防ぐには労働の条件にしっかりと目を通すことも大切です!

内定をもらった企業の労働環境をちゃんと確認しておかないと就職して働き始めた時に不満が出ます。

労働環境の確認だけでなく雇用契約書もチェックして疑問がある場合は担当に確認し入社するまでに疑問を解消しておきましょう!

・内定の取り消し

内定の取り消しには、企業側の都合で取り消しになる場合と、学生側の都合で取り消しになる2パターンありますね。

やむを得ない事態で企業側から内定を取り消されてしまう場合と、学生側が問題行動を起こしたりする事で取り消されてしまう場合。

決まった内定は絶対に取り消されないわけではないので気を抜きすぎないように責任をもって行動しましょう。

どちらに原因があったとしても内定が取り消された場合は落ち込んでいるだけではどうにもなりません。

すぐに切り替えることも大切ですね。

内定後から入社まで共通して言えることは羽目を外しすぎることなく就職に向けて着々と準備を進めることです。

労働条件にしっかりと目を通し働く前に疑問や不安は解消しておきましょう。

上述した通り内定通知書には辞退するしないに関わらず早めに返事をしておくのが大切ですね。

内定後にやっておいて損はないこと

内定後に気をつけたいことをここまでお話してきましたが、ここで内定後にやっておいて損はないことについても解説していきたいと思います。

就職活動は色々なところからサポートを受けたり、お世話になったりすると思います。

なので内定が出たらお世話になった人へお礼も忘れないようにしましょう!

両親・友人・先輩・OBにお礼する

就活中は情報がとても大事になりますよね。

金銭面のサポートを両親から受ける学生。
OB・OG訪問で働き方や企業の情報をもらったすること。

就活中は忙しいのでささっとお礼だけ言って済ませたりしていませんか?

内定をもらい就活が終わってからも、きちんと報告とお礼をしておきましょう!!

書類を用意する

内定後は、内定承諾書の他に健康診断書や住民票に卒業証明書などが必要になります。

健康診断書は大学が発行する健康診断書を提出するのがいいと思います。

自費になりますが病院で健康診断を受けて証明書を発行し提出する方法もあります!

住民票は役所で発行できますね。

このように発行に時間がかかる書類もありますので、内定承諾書の提出期限もきちんとチェックしておきましょう。

式典に参加する

内定式や内定者の懇親会などの式典がある場合。

こういった式典には出来るだけ参加した方がいいですね。

内定懇親会は欠席してもあまり問題はありませんが、参加が必須となっている場合は必ず出席してください。

参加した方がメリットがあるのは明らかなので日程が判明したら出来るだけスケジュール調整して参加しましょう。

シェア ツイート LINEで送る

0円就活を利用する

0円就活公式LINEアカウントで最新情報GET!!!

公式LINEアカウント限定の情報をお届けします!『面接交通費0円』『就活ヘアカット0円』『スーツレンタル0円』等々、お友達追加して詳細を確認しましょう。