コラム

【就活】面接や会社説明会などでワックスを使ったヘアスタイルはダメ??

927 Views
シェア ツイート LINEで送る

面接や会社説明会での身だしなみは清潔感がとても大切です!

今回はヘアスタイルについて。

清潔感を出すためにはヘアスタイルもしっかり整える必要があります。

髪型を整えるのにワックスは欠かせないアイテムです。

ですが、普段とは違って就活性なのでTPOをしっかり理解した身だしなみでなければいけません。

今回は就職活動において、ワックスを使ってヘアスタイルを整えるのは問題があるのか?

ワックスを使うかどうかで迷っている人はぜひ参考にしてみてください!

清潔感を演出しよう!

面接では見た目で不快な印象を与えないようにするのが大切です。

ワックスはヘアスタイルを整えることが出来るので使っても問題はないと言えます。

ヘアセットをするのは初めてという就活生や、ワックスを一度も使った事がない学生も少なからずいると思います。

ワックスを使った就職活動のメリットや注意点などもチェックしておきましょう。

ワックスを使うメリット

清潔感を演出するために、ワックスを使うのはマナーの範囲内であれば問題ありません!

ワックスを使うと良い理由は清潔感を維持することが出来る点と見栄えがよくなる点ですね。

時間が経つと乱れやすい髪をワックスでしっかり髪をまとめることでだらしないという印象を与えません。

見た目というのは第一印象を決める大切な要素です。

一瞬で勝負が決まってしまう事もある就活。

なのに個性も出しづらいので、清潔感を演出するワックスなどのアイテムを使って印象を良くしていきましょう!

・ボサボサな髪をまとめる

・寝ぐせをカバーできる

・見栄えがいい

・清潔感を演出できる

就職活動でワックスを使い髪の毛を整えるメリットはたくさんありますね。

なるべくナチュラルに自分の印象を伝えたいという意思がないのならワックスは使った方がいいでしょう。

ワックスを使う時の注意点

ワックスを使って髪を整える時の注意点もチェックしておきましょう!

髪をセットする時に何も考えずワックスを使うのはNG!!

何も準備せず適当にワックスをつけてしまうと失敗した時に洗い流す手間が増えます。

もちろん乾かさないとワックスをつける事が出来ないのでヘアスタイルを整えるだけなのに大幅な時間を割くことに…

なので、ワックスを使う時は必ずどんなヘアスタイルにするかイメージしておきましょう!!

ワックスを過度に使用するのもやめた方がいいですね。

理想のヘアスタイルにしようとして大量にワックスを使ってしまうとベタベタになり清潔とは程遠く不快感を与えてしまう可能性も…

ワックスは10円玉くらいの大きさを意識して手に取るようにしましょう!

大量に取り出してしまった場合は、手の甲などに分けておいて部分的に少量ずつ使い分けていきます。

髪の毛が柔らかい、もしくは硬い、くせっ毛など髪の毛の質に合わせたワックスを使いましょう。

髪の毛の質によって整え方も違うので参考になるものを探しておくとスムーズにセット出来ると思います!

濡れている、または乾いていない髪の毛にワックスをつけるのもNG!

きちんと乾かしてからセットするようにしましょう!!

ワックスを使わないなら短く整えるべき?

就活において身だしなみでワックスをつけていないと不潔に見える事もあります。

前髪をしっかり整えることで顔周りはスッキリと見え明るい印象を与えることが出来ます。

ワックスで髪の毛を整えるのに慣れていない方や苦手という人は髪を短くするか参考にすべきヘアスタイルなどをチェックして整え方を把握しておきましょう!!

無理してつける必要はないと思いますが、その場合は髪を短く切って整える必要がないようにしておくのがいいと思いますね。

ワックス以外の整髪料

髪を整えることが出来るのはワックスだけではありません。

・スプレー

・ジェル

・ムース

髪型をセット出来る整髪料はたくさんあります。

ワックスが苦手という方は、スプレーで固めてみたりムースやジェルを使ってみるのもヘアスタイルを整える一つの手段です!

手ぐしでもかまわないので、前髪を横に流しスプレーでしっかりと固めていきましょう!

スプレーならワックスよりは簡単にセット出来るのではないでしょうか。

髪の毛の質にもよると思いますが、割としっかり目にしておいた方がいいと思います。

面接時でお辞儀をする度に前髪を直したりしていると落ち着きのない人という印象をもたれてしまうので、頻繁に顔周りを触る事のないよう髪の毛はしっかり整えましょう。

ワックスとその代替品の使い方

面接や会社説明会では、見た目が大切な要素の一つです。特に髪型は、第一印象に大きく影響します。

 

ワックスを含む整髪料の使い方は、清潔感を保ちつつ、自分らしさを表現するために重要です。

 

以下は、面接や説明会における髪型の仕上げ方についての詳細なガイドです。

ワックスを使う時の注意点

1.適量を守る: 面接では清潔感が重要です。ワックスを使う際は少量に留め、自然な仕上がりを心掛けましょう。

過度の使用はベタつきや不自然な光沢をもたらし、不潔な印象を与えかねません。

2.自然な仕上がりを目指す: ワックスは髪型を固定するために使いますが、硬すぎるスタイルは避け、自然な流れを作る程度に留めることが肝心です。

これにより、柔軟かつプロフェッショナルな印象を面接官に与えられます。

ワックス以外の整髪料

1.ムースやジェルの活用: ムースやジェルはワックスよりも軽い仕上がりを提供し、髪に自然なボリュームを与えます。

これらは、特に重たいワックスが苦手な人に適しています。

2.スプレーでの固定: ヘアスプレーは髪型を長時間キープするのに適しています。

しかし、使いすぎには注意し、髪に自然な動きがある程度保たれるようにしましょう。

面接や説明会に適したヘアスタイル

1.シンプルなスタイルを心掛ける: 面接や説明会では、派手で個性的なヘアスタイルよりも、シンプルで整ったスタイルが望ましいです。

これは、プロフェッショナルな印象を与えるために重要です。

2.整髪料の香りに注意: 選ぶ整髪料は、香りが強すぎないものを選びましょう。

強い香りは面接官に不快感を与える可能性があり、避けるべきです。

 

面接や会社説明会での適切な髪型の仕上げは、自信を持って挑むための重要なステップです。

上記のガイドに従い、清潔感あふれる自然なスタイルで、面接官に良い印象を与えましょう。

結果:ワックスを使用しても問題はない

ワックスでヘアセットするだけで就活や面接で不利になってしまうことはありません。

マイナスに作用することはないのでワックスやスプレーなどの整髪料を使ってしっかりと髪を整えましょう。

スタイリングを始める時は、必ずどんな髪型にするかをあらかじめ決めておいて整髪料を使ったのに失敗したという事にならないよう気をつけたいですね。

ポイントはどんなヘアスタイルにするか、写真でもいいのでそれを見ながら鏡でセットするのがオススメです!

写真を見ながらセットすると途中でおかしくなっていないかすぐに気づけます。

その後の修正も簡単なので手間が増えることはありません!

ヘアセットの基本は後ろからサイドへいって最後に前髪という順番ですね。

ワックスを使って揉み込み、散らして持ち上げるというのを繰り返します。

最後に残った少量のワックスで前髪をセット出来るとばっちりです!

前髪にワックスを使いすぎるとかなりベタっとしてしまい不潔に思われてしまいます。

清潔感と見栄えをよくするために、前髪は少しだけにしてツヤを出し精悍さをアピールしましょう!!

シェア ツイート LINEで送る

0円就活を利用する

0円就活公式LINEアカウントで最新情報GET!!!

公式LINEアカウント限定の情報をお届けします!『面接交通費0円』『就活ヘアカット0円』『スーツレンタル0円』等々、お友達追加して詳細を確認しましょう。